トップ / 製品情報 / 生物農薬 / ミヤコバンカー(システムミヤコくん)
生物農薬

ミヤコバンカー(システムミヤコくん)

ミヤコバンカー(システムミヤコくん)
農林水産省登録
第23784号
有効成分
ミヤコカブリダニ ・・・・・・・・・・ 100頭/パック
性状
淡褐色粒
包装
50パック入(100頭/パック)
100パック入(100頭/パック)

特長

  • ハダニ類のみをエサとする天敵です
    農作物を加害するハダニ類(ナミハダニ、カンザワハダニ等)のみを捕食するので、農作物に影響を与えることなく、ハダニを防除できます。
  • 薬剤抵抗性の発達したハダニ類にも有効
    天敵生物ですので、薬剤抵抗性の発達したハダニ類にも有効です。また、本剤の使用によって薬剤抵抗性が発達するおそれもありません。
  • 人や環境にやさしい生物農薬です
    環境に対する影響や人・動植物への影響はほとんどなく、安心してご使用いただけます。
  • JAS法に適合しています
    JAS(日本農林規格)法が定める有機農産物、または特別栽培農産物にも使用可能です。
  • IPMプログラムを牽引します
    ハダニ類の発生が多い栽培では、有効な薬剤と組み合わせることで、化学農薬の使用回数軽減や環境負荷の軽減に貢献します。

適用作物と使用方法

作物名 適用害虫名 使用量 使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 ミヤコカブリダニを含む農薬の総使用回数
果樹類
(施設栽培)
りんご
(露地栽培)
日本なし
(露地栽培)
おうとう
(露地栽培)
ハダニ類 2~5パック/樹 発生直前~発生初期 放飼
野菜類
(施設栽培)
50~300パック/10a
5~60パック/100株
野菜類
(露地栽培)
50~100パック/10a
2~20パック/100株
いちご
(施設栽培)
50~300パック/10a
1~20パック/100株
いちご
(露地栽培)
50~100パック/10a
1~20パック/100株
花き類・観葉植物
(施設栽培)
100パック/10a
1~3パック/100株

※本内容は2021年1月13日付のシステムミヤコくんの登録内容に基づいています。

効果・薬害等の注意事項

本剤はハダニ類を捕食する天敵であるミヤコカブリダニを含有するパック製剤です。
パック内でのミヤコカブリダニの生存日数は短いので、入手後速やかに使用し、使いきってください。
パックは破らずに、作物の茎や枝等に直接またはできるだけ近接して吊り下げて放飼してください。
天敵保護装置を使用する場合は、パックを破らずにそのまま天敵保護装置の中に装着し、作物の茎や枝等に直接またはできるだけ近接して吊り下げるか、株元に置いてください。吊り下げられない時は、ピン、ひも等で固定してください。
ハダニ類の密度が高まってからの放飼は十分な効果が得られないので、ハダニ類の発生直前から発生初期に最初の放飼を行ってください。
放飼はできるだけ均一に行うことを原則としますが、ハダニ類の発生にむらがある場合には、発生の多いところに重点的に放飼してください。
苗床で使用する場合には、株数に応じて放飼量を調整してください。
ミヤコカブリダニの放飼前後に本種の活動に影響を及ぼすおそれがある薬剤の使用はさけてください。
本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。

安全使用上の注意事項

アレルギー体質の人は取扱いに十分注意してください。

魚毒性等

この登録に係る使用方法では問題ありません。

保管

本剤は天敵農薬であり、生存日数が短いので、入手後直ちに使用し、保存しないでください。

備考

本剤は、天敵保護装置「バンカーシート」(特許5681334号)とのセット製品(愛称:ミヤコバンカー)として提供されます。
ミヤコバンカーはシステムミヤコくん(100パック入)、バンカーシート、黒フェルト、保水資材で構成されます。

<バンカーシートの特長>
①天敵の隠れ場所、産卵場所を提供します。
②温度緩和、湿度保持の効果があります。
③耐雨、耐水効果があります。
④農薬シェルター効果があります。
これらの特長により、バンカーシート内でミヤコカブリダニが生育し、長期間放出されます。