トップ / 製品情報 / 殺虫剤 / MR.ジョーカー粉剤DL
殺虫剤

石原MR.ジョーカー粉剤DL

石原MR.ジョーカー粉剤DL
殺虫剤分類
3A
農林水産省登録
第18960号
有効成分
シラフルオフェン・・・・・0.50%
性状
類白色粉末45μm 以下 浮遊性指数20 以下
人畜毒性
普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限
4年
包装
3kg × 8袋

特長

  • 広い殺虫スペクトラム
    ウンカ類、カメムシ等のカメムシ目、イナゴ等のバッタ目、コブノメイガ等のチョウ目害虫などに対し、広い殺虫スペクトラムを有し、水稲主要害虫の同時防除が可能です。
  • 接触毒と食毒のダブルの作用
    主に接触毒により作用しますが、咀嚼性害虫に対しては食毒作用も発揮します。なお、ガス効果、植物体内への浸透移行性はありません。
  • 効果が長続きする
    すぐれた残効性を示します。
  • 耐雨性がある
    有効成分は水に溶けにくく、雨で流亡しにくい性質を持っています。
  • 殺虫効果の発現が早い
    散布後、数時間で効果が現れます。
  • 気温にかかわらず安定した効果
    気温の高低にかかわらず安定した効果を発揮します。
  • 抵抗性害虫にも有効
    有機リン系、カーバメート系等の殺虫剤に抵抗性を発達させた系統にも有効です。
  • 害虫の齢期による感受性の差が小さい
    基本的には、若齢幼虫に対してより高い活性を示しますが、実用薬量では中・老齢幼虫、成虫にも有効です。
    卵への直接的な殺卵効果は示しませんが、すぐれた残効性により孵化幼虫を防除できます。
  • 吸汁阻害効果がある
    カメムシに対して吸汁阻害効果が認められています。

適用作物と使用方法

作物名 適用場所 適用害虫名 10アール当り
使用量
使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 シラフルオフェンを含む
農薬の総使用回数
ウンカ類
ツマグロヨコバイ
イナゴ類
カメムシ類
コブノメイガ
3~4kg 収穫7日前まで 2回以内 散布 2回以内
イネドロオイムシ
イネミズゾウムシ成虫
フタオビコヤガ
3kg
イネツトムシ
イネアザミウマ
4kg
かんしょ ナカジロシタバ 3回以内 3回以内
だいず カメムシ類 2回以内 2回以内
えだまめ 3回以内 3回以内
水田作物、畑作物
(休耕田)
ヨシ、オギ、ススキ、
セイタカアワダチソウ等の
多年生雑草が優占している休耕田
3~4kg 2回以内 2回以内

※ 本内容は2016年3月23日付の登録内容に基づいています。

効果・薬害等の注意事項

本剤は飛散を少なくするように製剤されており、一般の粉剤に比べると見かけ比重がやや大きく、流動性が良いので、散布の際は散粉機の開度を1目盛程度しぼって散布してください。
使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないよう注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
散布器具、容器等の洗浄水は河川等に流さないでください。空袋は環境に影響を与えないよう適切に処理してください。

安全使用上の注意事項

散布の際には農薬用マスクなどを着用してください。また作業後はうがいをしてください。
蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
ミツバチに対して影響があるので、以下の点に注意してください。
・ミツバチの巣箱およびその周辺にはかからないようにしてください。
・関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。

魚毒性等

水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散・流入しないよう注意して使用してください。散布後は水管理に注意してください。

保管

密封し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼・乾燥した所に保管してください。