トップ / 製品情報 / 水稲用除草剤 / 粒状水中MCP
水稲用除草剤

粒状水中MCP「石原」

粒状水中MCP「石原」
農林水産省登録
第4144号
有効成分
MCPAエチル・・・・・1.2%
性状
類白色細粒
人畜毒性
普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限
3年
包装
3㎏ × 8袋

特長

  • ホルモン型、吸収移行型の除草剤で、水稲生育中期以降の雑草処理剤として、水稲にはほとんど影響を与えず、主として広葉雑草を枯らします。
  • 2.4PA剤に比べ若干低温(約20℃)の時でも効力を発揮します。
  • 本剤は水田から水を落とすことなく(湛水状態のまま)散布できます。

適用作物と使用方法

作物名 適用雑草名 使用時期 適用土壌 10アール当り使用量 本剤の使用回数 使用方法 適用地帯 MCPAを含む農薬の総使用回数
水稲 水田雑草
(イネ科を除く)
有効分けつ終止期~幼穂形成期前
(但し、収穫60日前まで)
全土壌 3.0~4.5kg 1回 湛水散布
(あらかじめ水田の水の出入りをとめ、湛水のまま10a当り所定量を全面に均一に散布する)
北陸
東海以西
1回
3.0~3.5kg 関東
東山
東北
幼穂形成始期
(但し、収穫60日前まで)
3kg 北海道

※本内容は2016年11月15日付の登録内容に基づいています。

効果・薬害等の注意事項

本剤は、MCPAを含む農薬ですので、他のMCPAを含む農薬の使用回数と合わせ、作物ごとの総使用回数の範囲内で使用してください。
使用時期は、有効分けつ終止期から幼穂形成開始期までが適期ですが、有効茎を確保したら、なるべく早めに雑草の小さいうちに、雑草が十分冠水
状態となるようにして散布してください。
本剤は、水稲生育の後期に使用する除草剤であるため、水稲生育初期の雑草を抑制することはできません。
本剤使用に先立って他の水稲生育初期または、中期除草剤を散布して本剤との体系除草を行うか、本剤散布前に中耕除草を行ってください。
オオアブノメやマツバイ、ヒルムシロ、ミズガヤツリ、クログワイなどの多年生雑草、ヒエなどのイネ科雑草およびウキクサ、クロモ、ホッスモなどの浮草
類は、本剤に対する抵抗性が強く、所定量では枯殺することができませんので、このような雑草の多い水田では、これらに有効な初期または中期除草
剤との体系で防除するか、中耕除草やヒエ抜きをていねいに行ってください。
散布に当たっては、必ず止め水にして散布し、散布後も雑草が十分冠水状態を保つようにし、そのまま2昼夜ぐらいは田の水を動かさないようにしてくだ
さい。
また、散布後7日間は落水、かけ流しをしないでください。
周辺の広葉作物(桑、茶、果樹などを含む)にかかると薬害を生じるおそれがあるので、散布時はこれらの作物(特に畦畔大豆のある場合)に薬剤が
かからないように注意してください。
散布に用いた器具類は、使用後できるだけ早く水で十分洗っておき、他の用途に使用する場合の薬害の原因にならないように注意してください。
本剤の使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受
けるようにしてください。

安全使用上の注意事項

眼に対して刺激性があるので、眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。

魚毒性等
水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないでください。
保管
密封し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼・乾燥した所に保管してください。種子、苗、肥料および他の農薬などと隔離してください。