トップ / 製品情報 / 殺菌剤 / パレード20フロアブル
殺菌剤

パレード20フロアブル

パレード20フロアブル
殺菌剤分類
7
農林水産省登録
第24071号
有効成分
ピラジフルミド・・・・・・・・・・20.0%
性状
類白色水和性粘稠懸濁液体
人畜毒性
普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限
3年
包装
250ml×20本

特長

  • 幅広い病害スペクトラムを有します
    菌核病、うどんこ病、灰色かび病等、幅広い病害に対し高い効果を示します。
  • 効果持続性に優れます
    降雨の影響を受けにくく、また葉内への進達性を有し効果持続性に優れます。
  • 適用作物への薬害リスクが極めて低く、使いやすい薬剤です
    幅広い作物で栽培期間を通して使用できます。また多くの種類の作物で収穫前日まで使用できます。葉菜類にはセルトレイ灌注処理もできます。

適用作物と使用方法

作物名 適用病害名 希釈倍数 10アール当り使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 ピラジフルミドを含む農薬の総使用回数
あずき
いんげんまめ
豆類(未成熟)
菌核病
灰色かび病
2000~4000倍 100~300ℓ 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
トマト
ミニトマト
灰色かび病
葉かび病
うどんこ病
菌核病
すすかび病 2000倍
なす 灰色かび病
すすかび病
菌核病
うどんこ病
2000~4000倍
きゅうり 灰色かび病
菌核病
うどんこ病
褐斑病
つる枯病 2000倍
にがうり うどんこ病 2000~4000倍
すいか 菌核病
うどんこ病
つる枯病
メロン つる枯病
うどんこ病
菌核病
はくさい 黒斑病
白斑病
2000~4000倍 100~300ℓ 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
(灌注は1回以内)
苗立枯病(リゾクトニア菌)
菌核病
100倍 セル成型育苗トレイ1箱または、ペーパーポット1冊(約30×60cm、使用土壌約1.5~4ℓ)当り0.5ℓ 育苗期後半~定植当日 1回 灌注
キャベツ 菌核病
苗立枯病(リゾクトニア菌)
根朽病
菌核病
株腐病
根朽病
2000~4000倍 100~300ℓ 収穫前日まで 3回以内 散布
ブロッコリー 菌核病
黒すす病
3回以内
レタス
非結球レタス
菌核病
灰色かび病
すそ枯病
3回以内
(灌注は1回以内)
菌核病
すそ枯病
100倍 セル成型育苗トレイ1箱または、ペーパーポット1冊(約30×60cm、使用土壌約1.5~4ℓ)当り0.5ℓ 育苗期後半~定植当日 1回 灌注
たまねぎ 灰色かび病
灰色腐敗病
小菌核病
2000~4000倍 100~300ℓ 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
ねぎ 黒腐菌核病 100倍 セル成型育苗トレイ1箱または、ペーパーポット1冊(約30×60cm、使用土壌約1.5~4ℓ)当り0.5ℓ 育苗期後半~定植当日 1回 灌注 3回以内
(灌注は1回以内)
黒斑病
葉枯病
小菌核腐敗病
2000~4000倍 100~300ℓ 収穫前日まで 3回以内 散布
さび病
黒腐菌核病
2000倍
いちご うどんこ病
灰色かび病
2000~4000倍 3回以内
ピーマン うどんこ病
黒枯病
灰色かび病
花き類・観葉植物(ばら、きく、りんどう、トルコギキョウを除く) うどんこ病 4000倍 発病初期
ばら うどんこ病
黒星病
きく 白さび病 2000~4000倍
うどんこ病 4000倍
りんどう 黒斑病
花腐菌核病
2000倍
うどんこ病 4000倍
トルコギキョウ うどんこ病 4000倍
斑点病 2000~4000倍

※本内容は2021年7月7日付の登録内容に基づいています。

効果・薬害等の注意事項

使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
使用の直前に、容器をよく振ってください。
散布量は、対象作物の生育段階、栽培形態および散布方法に合わせて調節してください。
薬剤耐性菌の出現を防ぐため、本剤の過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤との輪番で使用してください。
灌注で使用する場合には、次の注意事項を守ってください。
・調製液をセル成型育苗トレイまたはペーパーポット上方から全体に行き渡るように灌注してください。また、薬剤の効果を十分に発現させるために、処理直前や直後の灌水はさけてください。
・キャベツまたははくさいの苗立枯病に使用する場合、リゾクトニア菌による苗立枯病には有効ですが他の病原菌による苗立枯病には効果が劣るので、リゾクトニア菌以外による苗立枯病の混発が予想される場合には他の有効な薬剤と組み合わせて使用してください。
・キャベツの根朽病に使用する場合、育苗期間中の感染が主であるため、育苗期間を主体に使用するようにしてください。
・レタスのすそ枯病に使用する場合、灌注処理での効果は生育初中期が主体であるため、その後の発生が予想される場合には他の有効な薬剤と組み合わせて使用してください。
適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。
本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法等を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。

安全使用上の注意事項

散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに衣服を交換してください。
作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。

魚毒性等

この登録に係る使用方法では問題ありません。

保管

密栓し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼な所に保管してください。