製品一覧へもどる

農林水産省登録 第6072 号
有効成分 4−CPA・・・・・0.15%
パラクロロフェノキシ酢酸
性状 透明液体
人畜毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 5年
包装 (20mL×10本)×10函

製品SDSはこちら 

▲ このページのトップへ

特長

1)植物ホルモン「オーキシン」の作用を利用した薬剤であり、トマト、なす等の着果、肥大、熟期を促進します。
2)初期収穫量の増加が期待できます。
3)低温、日照不足などの条件下でも着実に着果させます。
4)石ナス防止にも高い効果があります。

▲ このページのトップへ

適用作物と使用方法

作物名 使用目的 希釈倍数 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 4-CPAを含む農薬の総使用回数
トマト 着果促進
果実の肥大促進
熟期の促進
低温時(20℃以下)50倍 開花前3日〜開花後3日位
(1花房で3〜5花位開花した時期)
1花房につき1回 散布 1花房につき1回
高温時(20℃以上)100倍 1花房につき1回
ミニトマト 低温時(20℃以下)50倍 開花前3日〜開花後3日位 1花につき1回 1花につき1回
高温時(20℃以上)100倍
なす 50倍 開花当日 1花房につき1回 1花房につき1回
メロン 着果促進 3〜5倍 開花前日〜翌日 花こう部に1回 塗布 1花につき1回
25〜100倍 花に1回 散布
しろうり
ズッキーニ
50倍 開花当日

▲ このページのトップへ

効果・薬害等の注意事項

1)使用にあたっては、必ず所定の希釈倍数にしたがって、水に溶かして使用してください。
  同じ花房(花)に重複散布したり、所定濃度以上の濃い液の散布は薬害が生じるおそれがあるのでさけて
  ください。
2)頂芽や幼葉にかかると、その部分が萎縮したようになるので、なるべく花房(花)にだけかかるように
  噴霧してください。
3)メロンの花に噴霧を行う場合、子房だけに噴霧する時は、使用時期にかかわらず人工受粉を併用して
  ください。また、低温時(20℃以下)では、希釈倍率を低くし、高濃度で使用してください。
4)ズッキーニに使用する場合、生育初期の雄花が少ない時期は結実が不安定であり、十分な効果が期待
  できないので使用しないでください。
5)使い残りの希釈液は、4週間程度までの保存は可能ですが、なるべく早く使用してください。
6)効果の有無は、散布後2〜3日たつと果梗が太くなり、幼果のつやが増し、非常に発育が早くなるため、
  判別可能です。
7)使用に際しては、本剤は植物ホルモン剤であるので、使用時期、使用量、使用方法など誤らないよう
  注意し、特に初めて使用する場合は病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
8)適用作物以外の作物に薬液がかからないように注意してください。
9)他の農薬との混用は行わないでください。
10)散布に使用する容器、噴霧器等の用具は使用の前後によく水洗してください。

▲ このページのトップへ

安全使用上の注意事項

1)アンプルの首部分を割る時は、薬剤が眼などに入らないよう、眼や体から離して取り扱ってください。
2)本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。
  眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
3)使用の際は、農業用マスクなどを着用してください。作業後はうがいをしてください。

魚毒性等…この登録に係る使用方法では問題ありません。
保管………密栓し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼な所に保管してください。

▲ このページのトップへ

製品一覧へもどる

▲ このページのTOPへ

(2012年02月24日更新)