製品一覧へもどる

農林水産省登録 第22113 号
有効成分 シアゾファミド・・・・・9.4%(w/w)[10.0%(w/v)]
4 −クロロ− 2 −シアノ− N,N −ジメチル− 5 − p −トリルイミダゾール− 1 −スルホンアミド
性状 淡褐色水和性粘稠懸濁液体
人畜毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 3年
包装 1L×5本

製品SDSはこちら 

▲ このページのトップへ

特長

1)ピシウム菌にすぐれた効果
   病原菌の菌糸生育を低濃度で阻害し、ピシウム菌に特異的に高い防除効果を示します。
2)すぐれた残効性
   残効性にすぐれ、2 週間程度の間隔で散布が可能です。
3)次世代菌密度低減効果(サニテーション効果)
   胞子(遊走子)のう形成阻害効果により次世代胞子形成を阻害し、次世代病原菌密度を
   低減します。
4)耐性菌に有効
   既存剤とは異なる作用機作を有するのでフェニルアマイド系などの薬剤耐性菌に対し有
   効です。
5)安全性・耐雨性にすぐれる
   ベントグラスに対する安全性にすぐれています。散布後乾けば、降雨があっても安定した
   効果が得られます。

▲ このページのトップへ

適用作物と使用方法

作物名 適用病害名 希釈倍数(倍) 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 シアゾファミドを含む農薬の総使用回数
芝(ベントグラス) ピシウム病、赤焼病 1,000 0.5L/ 発病初期 6回以内 散布 6回以内
400 0.2L/
200 0.1L/
※本内容は、平成23年5月11日付の登録内容に基づいています。

▲ このページのトップへ

効果・薬害等の注意事項

1)使用直前に容器をよく振ってください。
2)予防効果主体の剤なので、発病初期に散布してください。
3)本剤の使用にあたっては、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は病害
   虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。

▲ このページのトップへ

安全使用上の注意事項

1)かぶれやすい体質の人は、取扱いに十分注意してください。
2)公園等で使用する場合は、散布中および散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関 
   係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し人畜等に
   被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
3)蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
4)散布器具の洗浄水および残りの薬液は河川等に流さず、容器等は環境に影響を与えない
   よう適切に処理してください。

魚毒性等…この登録に係る使用方法では問題ありません。
保管………密栓し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼な所に保管してください。

▲ このページのトップへ

チラシPDFダウンロード

製品一覧へもどる

▲ このページのTOPへ

(2012年02月24日更新)