製品一覧へもどる

農林水産省登録 第16301 号
有効成分 トリフルミゾール・・・・・30.0%
( E)− 4 −クロロ−α , α , α−トリフルオロ− N −(1−イミダゾール− 1 −イル− 2 −プロポキシエチリデン)− o −トルイジン
性状 類白色水和性粉末45μm以下
人畜毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 4年
包装 (100g×25袋)×4函
(250g×15袋)×4函
(500g×10袋)×2函

製品SDSはこちら 

▲ このページのトップへ

特長

■ 広範の病害にすぐれた効果
果樹や野菜のうどんこ病、りんごやなしの黒星病、赤星病、ももの灰星病、トマトの葉かび病、茶の炭疽病、もち病、稲や麦の種子伝染性病害など
広範囲の病害にすぐれた効果があります。
■ 予防・治療にすぐれた効果
すぐれた予防効果に加えて治療効果もありますので、病原菌が侵入した後の散布でも病斑、胞子の形成を阻止します。
■ 高希釈倍数で安定した効果
低濃度で効果が持続します。また高希釈倍数で使用できますので、作物に対して汚れの少ない薬剤です。
■ 浸透性を有し、すぐれた耐雨性
浸達性がありますので耐雨性にすぐれ、降雨による効力低下の少ない薬剤です。また植物体内の病原菌のまん延および病斑の拡大を阻止します。
■ ベーパー作用を有する
ベーパー活性があります。葉上に散布されたトリフミンは、ベーパー作用により葉上にある病原菌を防除することができます。
■ 耐性菌にも有効
他の殺菌剤に耐性をもった病原菌に対しても高い効果を示します。

▲ このページのトップへ

適用作物と使用方法

作物名 適用病害名 希釈倍数(倍) 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 トリフミゾールを含む農薬の総使用回数
りんご 斑点落葉病
黒星病
うどんこ病
赤星病
2,000 〜 3,000 200 〜 700L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
なし 黒星病
赤星病
2,000 〜 3,000 200 〜 700L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
うどんこ病 2,000
かき うどんこ病 2,000 〜 3,000 200 〜 700L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
黒点病 2,000
ぶどう うどんこ病 2,000 〜 3,000 200 〜 700L/10a 収穫7日前まで 3回以内 散布 3回以内
黒とう病 2,000
もも 灰星病
黒星病
1,000 〜 1,500 200 〜 700L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
うどんこ病 1,500 〜 2,000
すもも 灰星病 1,000 200 〜 700L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
おうとう 灰星病 1,000 〜 1,500 200 〜 700L/10a 収穫14日前まで 2回以内 散布 2回以内
うめ 黒星病 2,000 200 〜 700L/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
いちじく 株枯病 500 1 〜 10L/株 収穫前日まで 4回以内 灌注 7回以内
(散布は3回以内、
灌注は4回以内)
さび病
そうか病
2,000 200 〜 700L/10a 3回以内 散布
マルメロ 赤星病 2,000 200 〜 700L/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
かりん 赤星病 2,000 200 〜 700L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
あけび(果実) うどんこ病 2,000 200 〜 700L/10a 収穫3日前まで 3回以内 散布 3回以内
マンゴー うどんこ病 2,000 200 〜 700L/10a 収穫7日前まで 3回以内 散布 3回以内
ごま葉枯病
いもち病
ばか苗病
30 浸種前 1回 10分間種子浸漬 1回
300 24〜48時間
種子浸漬
乾燥籾重量の0.5% 種子紛衣
7.5 〜 15 乾燥種籾1kg当り30mL 種子吹き付け処理
(種子消毒機使用)
麦類 斑葉病
裸黒穂病
なまぐさ黒穂病
網斑病
種子重量の0.5% は種前 1回 種子紛衣 3回以内
(種子紛衣は1回以内)
うどんこ病
赤かび病
1,000 〜 2,000 60 〜 150L/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布
とうもろこし
(子実)
すす紋病 2,000 〜 4,000 100 〜 300L/10a 収穫30日前まで 3回以内 散布 3回以内
未成熟とうもろこし すす紋病 2,000 〜 4,000 100 〜 300L/10a 収穫7日前まで 3回以内 散布 3回以内
いちご じゃのめ病 3,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
うどんこ病 3,000 〜 5,000
メロン うどんこ病 3,000 〜 5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
陥没病 3,000
すいか
さやえんどう
実えんどう
ピーマン
うどんこ病 3,000 〜 5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
きゅうり うどんこ病
黒星病
3,000 〜 5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
かぼちゃ うどんこ病 3,000 〜 5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
フザリウム立枯病 種子重量の0.3% は種前 1回 種子紛衣
(湿紛衣)
5回以内
(種子紛衣は1回以内)
にがうり うどんこ病 3,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
うり類(漬物用) うどんこ病
つる枯病
炭疽病
3,000 〜 5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
トマト
ミニトマト
葉かび病 3,000 〜 5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
すすかび病 3,000
なす うどんこ病 3,000 〜 5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
すすかび病 3,000
しそ さび病 5,000 100 〜 300L/10a 収穫開始10日前まで 3回以内 散布 3回以内
ねぎ 萎凋病 50 定植直前 1回 5〜30分間
苗根部浸漬
1回
200 セル成型育苗トレイ1箱
またはペーパーポット1冊
(30×60cm、使用土壌約5L)
当り1L
定植前 苗床灌注
たまねぎ 乾腐病 50 定植直前 1回 5分間苗根部浸漬 1回
50 〜 100 セル成型育苗トレイ1箱
またはペーパーポット1冊
(30×60cm、使用土壌約5L)
当り0.5L
定植前 苗床灌注
100 セル成型育苗トレイ1箱
またはペーパーポット1冊
(30×60cm、使用土壌約5L)
当り0.5 〜 1L
オクラ 黒斑病
うどんこ病
葉すす病
5,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
セルリー 斑点病 2,000 100 〜 300L/10a 収穫前日まで 2回以内 散布 2回以内
こんにゃく 乾腐病 50 種いも1崚り150ml 植付前 1回 種いもの芽基部に散布 1回
らっきょう 乾腐病 50   ― 植付前 1回 5〜30分間種球浸漬 1回
黒球病 5分間種球浸漬
アスパラガス 立枯病 1,000 3L/ 収穫7日前まで 1回 灌注 1回
食用ゆり 鱗茎さび症 50   ― 植付前 1回 種球瞬間浸漬 1回
とうがらし類 うどんこ病 4,000〜5,000 100〜300 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
ごぼう うどんこ病 1,000 100〜300 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
にんじん うどんこ病 3,000 100〜300 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
ふき うどんこ病 3,000 100〜300 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
ふき(ふきのとう) うどんこ病
さび病
3,000 100〜300 収穫45日前まで 3回以内 散布 3回以内
パセリ うどんこ病 8,000 100〜300 収穫30日前まで 1回 散布 1回
しょうが 白星病 1,000 100〜300 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
葉しょうが 白星病 1,000 100〜300 収穫7日前まで 3回以内 散布 3回以内
にら さび病 2,000 100〜300 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
にんにく 葉枯病 2,000 100〜300 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
炭疽病 1,500〜2,000 200〜400 摘採14日前まで 3回以内 散布 3回以内
もち病 1,000〜1,500
チューリップ 球根腐敗病 球根重量の0.2%   ― 植付前 1回 球根粉衣 1回
ばら うどんこ病 3,000〜5,000 100〜300 発病初期 5回以内 散布 5回以内
きく うどんこ病 3,000 100〜300 発病初期 5回以内 散布 5回以内
白さび病 1,000
花き類・観葉植物
(ばら、きくを除く)
うどんこ病 3,000 100〜300 発病初期 5回以内 散布 5回以内
樹木類 うどんこ病 3,000 200〜700 発病初期 5回以内 散布 5回以内
たばこ うどんこ病 5,000 25〜180 収穫10日前まで 2回以内 散布 2回以内
本内容は、2019年5月30日付の登録内容に基づいています。

▲ このページのトップへ

効果・薬害等の注意事項

1)かきの黒点病に対しては、多発時には効果が劣る場合があるので注意してください。
2)なしの品種「幸水」に使用する場合は、樹勢が弱いと高濃度で葉に軽度な黄斑を生じる場合があるので、所定範囲内の低濃度で使用してください。
3)なしに使用する場合は、MEP 剤と混用すると薬害を生じるおそれがあるのでさけてください。
4)いちじくの株枯病に対して灌注処理する場合は、次のことに注意してください。
・1ヶ月間隔で使用してください。
・根域に対する処理量が著しく多いと、生育抑制などの薬害を生じるおそれがあるので、根域に合わせて処理量や回数を調整してください。
5)うり類の幼苗期には、濃緑化症状および生育抑制が生じることがあるので、使用しないでください。
6)スイトピーに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、開花期以降は使用をさけてください。
7)本剤の使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を
    受けるようにしてください。
8)りんごに使用する場合は、黒星病、赤星病およびうどんこ病の防除を主体とし、斑点落葉病に対しては、落花後20 日頃までの初期防除剤として
    使用してください。
9)チューリップの球根粉衣に使用する場合は、適当な容器内で球根に本剤を均一に粉衣してから植付けてください。
10)水稲の種子消毒に使用する場合には、次の注意事項を守ってください。
   ・種子消毒は浸種前に行ってください。
   ・浸漬処理の場合、籾と処理薬液の容量比は1:1 以上とし、種籾はサラン網など粗目の袋を用い、薬液処理時によくゆすってください。
   ・粉衣処理は付着をよくするため、湿粉衣としてください。
   ・吹き付け処理では種子消毒機を使用し、種籾に均一に付着させて乾燥してください。
   ・薬液処理した種籾は、風乾後、水洗いせずに浸種してください。
   ・消毒後の浸種は水槽で行い、水の交換は原則として初めの2 日間は行わず、その後換水する場合は静かに行ってください。
   ・粉衣処理、高濃度浸漬処理(30 倍)および吹き付け処理をした種子を播種する場合は、浸種終了後、浸種液中で過度の付着薬剤を
      ゆすぎ落としてください。
   ・軽度の初期生育遅延が認められる場合もありますが、その後回復するので通常の管理を維持してください。
11)適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから
     使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。

▲ このページのトップへ

安全使用上の注意事項

1)通常の使用方法では危険性は低いですが、誤飲、誤食などのないように注意してください。万一飲み込んだ場合には吐き出させ、安静にして直ちに
    医師の手当を受けさせてください。使用中に身体に異常を感じた場合には、安静にして直ちに医師の手当を受けてください。
2)眼に対して刺激性があるので、眼に入らないように注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
3)皮膚に対して弱い刺激性があるので、皮膚に付着しないように注意してください。付着した場合には、直ちに石けんでよく洗い落してください。
4)使用の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。また薬剤を吸い込んだり浴びたりしないように注意し、
    作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
5)作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
6)かぶれやすい体質の人は、取扱いに十分注意してください。
7)街路、公園等で使用する場合は、使用中および使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に入らないよう縄囲いや
    立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意してください。
8)蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。

魚毒性等…この登録に係る使用方法では問題ありません。
保管………密封し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼・乾燥した所に保管してください。

▲ このページのトップへ

チラシPDFダウンロード

製品一覧へもどる

▲ このページのTOPへ

(2019年05月30日更新)