製品一覧へもどる

農林水産省登録 第20791号
有効成分 ビフェントリン(PRTR・2種)・・・・・2.0%
2−メチルビフェニル−3−イルメチル=(Z)-(1RS, 3RS)−3−(2−クロロ−3, 3, 3−トリフルオロプロパ−1−エニル)−2, 2−ジメチルシクロプロパンカルボキシラート
性状 類白色水和性粉末45μm 以下
人畜毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 5年
包装 (100g×10袋)×6函
500g×20袋

製品SDSはこちら 

▲ このページのトップへ

特長

1)チョウ目害虫、アブラムシ類、カメムシ類、ヨコバイ類などのカメムシ目害虫、スリップス類など多くの害虫にすぐれた効果があります。
2)ハダニ類にも高い活性を示し、リサージェンス(異常増殖)が起こりにくいピレスロイド剤です。
3)速効性にすぐれ、散布直後から強い殺虫効果を示します。また、効果の持続性が長く、少ない散布回数で高い防除効果が得られます。
4)適用作物幅が広く、汎用性のある殺虫剤です。

▲ このページのトップへ

適用作物と使用方法

作物名 適用害虫名 希釈倍数(倍) 10アール当り使用液量(L) 使用時期 本剤およびビフェントリンを含む農薬の総使用回数 使用方法
かんきつ カメムシ類
ミカンハモグリガ
チャノキイロアザミウマ
1,000〜2,000 200〜700 収穫前日まで 3回以内 散布
アブラムシ類
ワタミヒゲナガゾウムシ
1,000
りんご モモシンクイガ
ハマキムシ類
キンモンホソガ
アブラムシ類
ギンモンハモグリガ
リンゴハダニ
ナミハダニ
1,000 2回以内
なし カメムシ類 1,000〜2,000
シンクイムシ類
ハマキムシ類
ナシチビガ
アブラムシ類
ハダニ類
1,000
ぶどう チャノキイロアザミウマ 1,000 収穫14日前まで 2回以内
(ビフェントリンを含む農薬の総使用回数は2回以内
(くん煙剤は1回以内))
もも モモハモグリガ
アブラムシ類
カメムシ類
2回以内
かき カキクダアザミウマ
ハダニ類
カキノヒメヨコバイ
カメムシ類
チャノキイロアザミウマ
1,000〜2,000
びわ アブラムシ類
オオタバコガ
カメムシ類
収穫前日まで
あけび
(果実)
アブラムシ類 1,000 収穫7日前まで
ハスカップ 収穫21日前まで 1回
ホップ ハダニ類 収穫30日前まで 2回以内
アズキノメイガ
すいか アブラムシ類
ハダニ類
150〜300 収穫前日まで 4回以内
メロン アブラムシ類
ハダニ類
タバココナジラミ類
(シルバーリーフコナジラミを含む)
きゅうり アブラムシ類
オンシツコナジラミ
3回以内
なす アブラムシ類
オンシツコナジラミ
ハダニ類
パセリ アブラムシ類 100〜300 収穫3日前まで 2回以内
ねぎ シロイチモジヨトウ 1,000 150〜300 収穫7日前まで
キャベツ
はくさい
コナガ
アオムシ
ヨトウムシ
アブラムシ類
1,000〜1,500 収穫21日前まで 4回以内
だいこん アブラムシ類 2回以内
あずき アズキノメイガ 1,500 収穫7日前まで
だいず アブラムシ類 1,000 100〜300 3回以内
いんげんまめ 収穫3日前まで
インゲンマメゾウムシ
ばれいしょ アブラムシ類 1,000〜1,500 4回以内
てんさい ヨトウムシ 250 25 収穫7日前まで
1,000〜1,500 100〜300
カメノコハムシ 1,500
ハダニ類 1,000
チャノコカクモンハマキ
チャハマキ
チャノミドリヒメヨコバイ
チャノキイロアザミウマ
カンザワハダニ
チャノホソガ
ヨモギエダシャク
200〜400 摘採14日前まで 2回以内
ばら
きく
カーネーション
ハダニ類 150〜300 3回以内
たばこ ヨトウムシ
アブラムシ類
オンシツコナジラミ
1,500 25 〜 180 収穫10日前まで 2回以内
スジキリヨトウ
シバツトガ
0.3L/ 発生初期 3回以内
樹木類 ケムシ類 1,000 200〜700 発生初期 6回以内
本内容は、平成28年 3月2日付の登録内容に基づいています。

▲ このページのトップへ

効果・薬害等の注意事項

1)てんさいに対して希釈倍数250倍で散布する場合は、所定量を均一に散布できる乗用型の速度連動式地上液剤少量散布装置を使用してください。
2)ばら、きく、カーネーションに使用する場合、収穫間際の散布は葉や花に汚れを生じる場合があるのでさけてください。
3)散布量は対象作物の生育段階、栽培形態および散布方法に合わせ調節してください。
4)適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してく
   ださい。
   なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
5)使用にあたっては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるよう
   にしてください。

▲ このページのトップへ

安全使用上の注意事項

1)取扱いに十分注意してください。
   誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせてください。
   本剤使用中に身体に異常を感じた場合には、直ちに医師の手当を受けてください。
2)本剤による中毒の治療法としては、動物実験で筋弛緩薬(メトカルバモール製剤等)の投与が有効であると報告されています。
3)本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入らないように注意してください。
   眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
4)散布の際は防護マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用してください。
   作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
5)作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
6)かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
7)街路、公園等で使用する場合は、散布中および散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう、縄囲い
   や立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
8)蚕に対して長期間毒性があるので、散布された薬剤が飛散し、桑に付着するおそれのある場所では使用をさけてください。
9)本剤の散布の際に着用していた衣服は養蚕作業に用いるものと区別してください。
10)ミツバチに対して影響があるので、次の事項に注意してください。
  .潺張丱舛料稟△よびその周辺にかからないようにしてください。
  ⊆粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用しないでください。
  4愀元ヾ(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。
  低濃度でも長期間にわたってミツバチ・マルハナバチに影響を与えるため、散布場所近くに巣箱がある場合は巣箱を移動するなど、 直接
   巣箱への飛散やドリフトがないよう十分注意してください。


魚毒性等…水産動植物(魚類・甲殻類)に影響を及ぼすおそれがあるので、河川、養殖池等に飛散・流入しないよう注意してください。
                 散布器具・容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。 
                 また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
保管………密封し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼・乾燥した所に保管してください。

▲ このページのトップへ

製品一覧へもどる

▲ このページのTOPへ

(2016年03月02日更新)