製品一覧へもどる

農林水産省登録 第21812号
有効成分 フロニカミド ・・・・・・・・・・ 10.0%
N −シアノメチル−4−(トリフルオロメチル)ニコチンアミド
性状 淡褐色水和性細粒
人畜毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 5年
包装 250g × 20袋
500g × 20袋

製品SDSはこちら 

▲ このページのトップへ

特長

■ アブラムシ類に高い効果
アブラムシ類、コナジラミ類などのカメムシ目害虫や、アザミウマ類に対して殺虫効果があります。
特にアブラムシ類に対しては、種に関わらず高い効果を示し、作物によっては4000倍(25ppm)まで使用することができます。
■ 新しい系統の殺虫剤
本剤の有効成分は既存剤の何れとも異なる新規な作用性を持っているため、IRM(抵抗性病害虫管理)のローテーション防除に最適な殺虫剤です。
■ ユニークな作用
対象害虫の吸汁を速やかに阻害して防除します。対象害虫が衰弱して茎葉から脱落するまでに数日かかるため、見かけ上は遅効的ですが、吸汁阻害は
速効的で直ちに加害できなくなります。
■ 高い浸透移行性・浸達性
高い浸透移行性を持っているため、巻葉を作り、薬剤のかかり難いアブラムシの防除が可能です。
また、散布後に展開する新梢にも薬剤が移行しますので、果樹のアブラムシ防除にも適しています。
■ すぐれた残効性と耐雨性
本剤は葉内で適度な安定性を持ち、2〜3週間の残効性があります。また、耐雨性も良好で、これは有効成分が散布後速やかに葉内に取り込まれるため、
降雨による流亡で効果を減じることが少ないためと考えられます。
■ 天敵・有用生物に対する高い安全性
カブリダニ類、寄生蜂などの天敵に影響が少なく、IPM(総合的害虫管理)体系防除の一剤として適合します。

▲ このページのトップへ

適用作物と使用方法

作物名 適用害虫名 希釈倍数(倍) 10アール当り使用液量(L) 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 フロニカミドを含む農薬の総使用回数
りんご リンゴワタムシ 2,000 200 〜 700 収穫14日前まで 2回以内 散布 2回以内
アブラムシ類 2,000 〜 4,000
なし アブラムシ類 2,000 〜 4,000
チャノキイロアザミウマ 2,000
もも アブラムシ類 2,000 〜 4,000
ネクタリン
小粒核果類
収穫7日前まで
ぶどう チャノキイロアザミウマ 1,000 開花前まで
おうとう チャノキイロアザミウマ
コアオカスミカメ
2,000 収穫前日まで
小麦 アブラムシ類 4,000 60 〜 150 収穫7日前まで
いちご アブラムシ類 2,000 〜 4,000 100 〜 300 収穫前日まで
コナジラミ類 2,000
きゅうり アブラムシ類 2,000 〜 4,000 3回以内 3回以内
コナジラミ類 2,000
なす
トマト
ミニトマト
アブラムシ類 2,000 〜 4,000
コナジラミ類
ミカンキイロアザミウマ
2,000
ピーマン
すいか
アブラムシ類 2,000 〜 4,000 2回以内 2回以内
アスパラガス アブラムシ類 2,000 3回以内 3回以内
ネギアザミウマ
レタス アブラムシ類 2,000 2回以内 2回以内
非結球レタス 収穫3日前まで
メロン アブラムシ類 2,000 〜 4,000 収穫前日まで
コナジラミ類 2,000
ばれいしょ アブラムシ類 2,000 〜 4,000 収穫7日前まで
500 25
1,000
さといも
やまのいも
やまのいも(むかご)
2,000 100 〜 300
えだまめ
いんげんまめ
だいず
あずき
2,000 〜 4,000
たまねぎ ネギアザミウマ 2,000
ねぎ 1,000 〜 2,000 収穫前日まで 3回以内 3回以内
くわい アブラムシ類 2,000 収穫21日前まで
非結球あぶらな科葉菜類
なばな類
ほうれんそう
4,000 収穫前日まで 2回以内 2回以内
すいぜんじな 収穫7日前まで
キャベツ
はくさい
ブロッコリー
2,000 〜 3,000 収穫前日まで
だいこん 2,000
カリフラワー 収穫14日前まで
ごぼう 2,000 〜 4,000 収穫7日前まで
みつば 収穫3日前まで
但し、伏せ込み栽培は
伏せ込み前まで
しそ 4,000 収穫3日前まで
おかひじき
食用ミニバラ 2,000
食用ぎく 4,000 収穫7日前まで
きく(葉) 収穫14日前まで
チャノキイロアザミウマ
チャノミドリヒメヨコバイ
ツマグロアオカスミカメ
1,000 〜 2,000 200 〜 400 摘採7日前まで 1回 1回
コミカンアブラムシ 2,000
※本内容は2018年11月7日付の登録内容に基づいています。

▲ このページのトップへ

効果・薬害等の注意事項

1) 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  散布器具、容器の洗浄水等は河川等に流さないでください。周囲に影響のない方法で処理を行い、空容器(空ビン)は環境に影響のないよう適切に
  処理してください。
2) 使用液量は対象作物の生育段階、栽培形態および散布方法に合わせ調節してください。
3) きゅうりに使用する場合、徒長したものでは散布時展開葉の葉縁に薬害を生じることがありますが、その後の展開葉および生育には影響はありません。
4) 非結球あぶらな科葉菜類、なばな類に使用する場合、低温多湿等の薬液が乾燥しにくい条件下では薬害を生じるおそれがあるので注意してください。
5) すももでは品種により、葉に薬害が生じる場合があるので注意してください。
6) ばれいしょに対して少量散布で使用する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の速度連動式地上液剤散布装置を使用してください。
7) つまみ菜、間引き菜には使用しないでください。
8) 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用して
  ください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
9) 本剤の使用に当たっては、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。

▲ このページのトップへ

安全使用上の注意事項

本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。
眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  
魚毒性等 ・・・ この登録に係る使用方法では問題ありません。
保管 ・・・・・・・ 密封し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼・乾燥した所に保管してください。

▲ このページのトップへ

チラシPDFダウンロード

製品一覧へもどる

▲ このページのTOPへ

(2018年11月07日更新)