コウキヤガラ

多年草。成長期間5~10月。地下茎で繁殖。湿地に群生するが最近は休耕田、水田などに入り込み強害草となっている。茎は3稜形で単生し、基部は膨大し径2~3㎝の塊茎となる。長い地下茎を伸ばし先に芽を出して増える。葉は細長い線形、夏~秋に茎の先に褐色で卵状楕円形の小穂をつける。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.