ヒナガヤツリ

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。水田や湿地、川岸などによく生育する。茎は葉の間から密にそう生して株になる。質は柔らかい。根本と茎の下部に少数の線形の短い葉をつける。葉も柔らかい。夏~秋に茎の先に葉のような包葉が2~3個つき、そこから長さ5~10㎝の花序がでてその先に掌状に小穂をつける。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.