イガガヤツリ

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。海岸近くに多く生育するが、田のあぜなどにもはえる。茎はそう生して直立し高さ10~40㎝になる。葉は線形で根もとにそう生する。夏~秋に茎の先に3~5個の包葉をつけその中心に1個のやや大きいくりのいがのような赤褐色の頭状花をつけるのでこの名がある。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.