ヒメクグ

多年草。成長期間5~10月。地下茎で繁殖。湿地、道ばた、あぜなどに普通に生育し、水田にもしばしばはえる。地下茎はやや紫色で地面にそって長く伸び、各節から3稜形の茎が葉の間から多数でて直立する。高さ10~20㎝位になる。茎の基部には柔らかな線形の葉を小数つける。葉は光沢がある。夏~秋に茎の先に光沢のある葉のような包葉を3個位水平に開き、その包葉の中心に、小穂が球状に集まった緑色の花穂が1個つく。
この小穂の塊まりは一見一個の球のようにみえる。ヒメクグの名は全体が小形のことから姫クグの意でつけられたといわれる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.