テンツキ

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。湿地や道ばた、あぜなどに多く生育し水田にもはえる。茎は分けつし、多数そう生して直立する。高さ20~50㎝になる。葉は線形で根もとにそう生する。夏~秋に茎の先に包葉を数個つけ、その上に散形花序を出し茶褐色の小穂が天をつくように出るのでテンツキの名がある。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.