コアゼテンツキ

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。湿地、あぜなどに多く生育する。特にあぜなどには密生することがある。茎は丸く、根もとで分けつして多数そう生し株になる。高さ7~15㎝になる。葉は細長く根もとにそう生する。夏~秋にかけて茎の先に散形花序をつける。各枝の先はさらに1~2回分枝し淡褐色の小穂をつける。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.