ミズガヤツリ

多年草。成長期間6~10月。塊茎で繁殖。水田や湿地などに生育する。水田多年草雑草の代表的なもので繁殖力が強く、養分収奪力も強いので被害が大きい。特に直播栽培では増殖力が著しいい。植代後5~10日で塊茎から発生する。5~6葉になると地下茎を伸ばしその先に新しい芽ができ株になる。こうして次々に新しい株ができて短期間に増殖する。カヤツリグサ類では大形で茎の高さ50~90㎝。葉も大きい。夏に茎の先に葉のような3~4個の包葉をつけその先に赤紫褐色の花穂をつける。
また、8月頃から地下茎の先に紡すい形の塊茎をたくさんつくる。条件がよければ㎡当り500~1000個できる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.