ミズオオバコ(オンパク、ミズホウズキ、ホウズキ)

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。沼や溝、水田の水中に沈んで生育する水草。春に発生し、葉が根ぎわからそう生する。葉には長い葉柄があり、その先に卵状楕円形の大きな葉がつく。葉の縁はときに波状で、質は柔らかい。葉の形がオオバコに似ているので、水の中のオオバコの意味でミズオオバコの名がある。夏~秋にかけて葉の間から長い茎を出して水面上に径3㎝位の大きな白い花を咲かせる。
花弁は3枚。この下部にかなり大きい特徴のある長楕円状の子房がついていて、花が終わるとこれが果実になる。これがミズオオバコの特徴である。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.