イヌノヒゲ

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。水田、沼、湿地などに生育する。葉は根本からそう生し横に広がる。先は鋭くとがり質はやや堅い。夏~秋にかけ高さ10~20㎝の花茎を出し先端に半球形で灰白色の花穂をつける。イヌノヒゲ類はホシクサと似ているが、ホシクサの花穂は球形に対しイヌノヒゲ類は半球形なので区別がつく。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.