アメリカセンダングサ(セイタカタウコギ)

1年草。生育期間4~10月。種子で繁殖。北アメリカ原産の帰化植物。道端、あき地などにも生育するが、水田や水路、特に休耕田などに多くはえる。春早くから発生する。茎はやや角ばった四角柱状で、毛はなく、紫褐色、多くに分枝して大形の草になり高さ1~1.5m位になる。葉は対生し、長い葉柄がある。羽状に深く切れこんで完全な複葉となる。各小葉にも柄があり葉は披針形で鋸歯がある。葉はケヤキの葉に似ている。
夏~秋にかけて茎の上部でたくさん枝分かれして各枝先に黄色の頭状花をつける。果実はへん平で両肩に上向きの剛毛があり、これがよく衣服に付着する。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.