ヤノネグサ〔タデ科〕

生育期間が4~11月で、種子で繁殖する一年生雑草。水田や湿地、あぜなどに生育し、茎は円柱状で下部は地面を這い上部は上に立つが、ときにつるのようになっても伸びる。茎には細かい逆向きのとげがある。葉は矢じり形、基部は横に切れた形か心臓形。葉柄にもとげがある。夏~秋にかけて枝の先が数本に分かれ淡紅色の小さな花が数個集まって咲く。北海道から九州で見られる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.