ミゾソバ
(ウシノヒタイ、カナモングサ、ウシブタイ、ゲエルグサ、ガイルグサ、コメコメ、ハサカケバナ、コメバナグサ、モグラ、イデソバ、タデ、カワソバ)〔タデ科〕

1年草。生育期間は3~11月で種子で繁殖する。溝や水路、湿地などに群落をなして生育し、水田にも発生する。はじめはほこ形の葉を数枚出し、やがて茎が立ってくる。茎は地上を横にはって節から根を出し分枝し、草高は30~80㎝になる。茎は中空で稜があり、これにそって下向きのとげがあり、しばしば赤みを帯びる。葉は互生し楕円形、基部はほこ形、葉の両面と柄にはとげ状の毛がある。夏~秋にかけて枝先に小さな淡紅色から白色の花が多数集まって頭状に咲く。
葉の形がソバに似ていて、また、花の咲いた状況も一見ソバに似たところがあるので、「溝のソバ」からミゾソバの名がある。北海道から九州で見られる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.