タガラシ(コンペートー、ウシゼリ、タゼリ)〔キンポウゲ科〕

越年草で、生育期間は11~6月、種子で繁殖。水田やあぜ、川辺などに生育し春先耕起前の湿田でよく目だつ。幼苗は秋に発生し翌春成長して茎が立ち、いっせいに黄色い花を咲かせる。茎は円柱状で中空、分枝して株になる。草高は40~50㎝。根出葉は長い葉柄があり、3~5裂に切れこみ掌状の光沢のある葉となる。花後は球形の果実をつける。全国で見られる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.