スズメノトウガラシ(コンペトグサ)〔ゴマノハグサ科〕

1年草。生育期間は5~10月で、種子で繁殖する。水田やあぜなどに生育する。茎は分枝して株になる。草丈は10~20㎝程度で、葉は対生し葉柄がなく、倒披針形で先がとがり縁に低い鋸歯がある。アゼトウガラシよりやや細長いので区別できる。夏~秋にかけて茎の先に淡紅色の花を咲かせ、トウガラシに似た果実をつける。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.