キカシグサ(アズキグサ、アズキクサ、アキボコリ)〔ミソハギ科〕

1年草。水田1年草広葉雑草の代表的強害草の一つで、生育期間5~10月頃、種子で繁殖し、発生量が多い。はじめは線状楕円形の葉が3~4枚重なったように出る。葉はやや厚みがあり表面は滑めらかで、やがて茎が立ち葉が対生する。茎はかなり赤味を帯びた円柱状で柔らかい。根もとで分枝し直立して草丈10~15㎝程度になる。茎の葉は対生で葉柄はほとんどなく、倒卵状楕円形で厚みがあり先は丸い。夏~秋にかけて葉腋に柄のない淡紅色の小さな花を1個ずつつける。
本種に似たものにミズキカシグサがあるが、これは茎が緑色で葉が細長く先がとがる。北海道北東部を除く全国で見られる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.