ウリカワ

多年草。成長期間5~10月。塊茎で繁殖。繁殖力が強く、養分の収奪が大きいので水田の強害草である。従来は暖地に多かったが次第に北上し北海道でもかなり発生する。植代後2週間位(平均気温15℃)に塊茎から発生し、はじめ細長い葉が出て次第に葉の数を増す。幼苗はコナギやオモダカの幼苗と似ている。本葉5~7枚位になると根ぎわから地下茎を伸ばし、その先端に新しい芽ができ分株となる。
こうして次第に増えていく。葉は広線形で滑らかで厚みがあり無毛、夏に葉の間から8~20㎝の茎を出し白い花が咲く。秋に地下茎の先や株もとに多数の塊茎をつくる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.