ガマ

多年草。成長期間5~9月。地下茎、種子で繁殖。沼地、水辺などに群生するが、休耕田にもよくはえる。春に地下茎から芽を出し茎は直立して高さ1~2m。葉は幅の広い線形で下部は葉鞘となって茎を包む。夏に茎の先に独特の茶褐色の肉穂花序(穂)をつける。ガマより全体が小形のコガマもある。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.