クズ(カタクリ、カイバ、クゾ、ウマフジ、ウマノオコワ、ウマノボタモチ、カエバカズラ、カジネ、クジョ、クズッパ、クズハ、ヤマノイモ、マンボタモチ)

多年草のつる草、成長期間4~11月。地下茎と種子で繁殖。山地、原野、堤防、道端、空き地、荒れ地などいたる所にごく普通に生育する。春に地下茎から発生し、つるを伸ばしさかんに分枝しながら四方八方に広がり、また、木などにからみついて伸びる。葉は互生し、長い葉柄の先に3枚の葉をつける。葉は大きく普通は円形~楕円形であるが、3裂するものもある。
茎、葉ともに褐色のあらい毛がある。夏に葉腋から15㎝内外の総状花序を出し、紫赤色の蝶形花を密につけ、秋には果実ができる。根茎は肥大しこれからクズ粉がとれる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.