ヤハズソウ(ハサミグサ、マメクサ、ツメキリソー)

1年草。生育期間4~11月。種子で繁殖。原野、あき地、道ばたなどに生育し、しばしば群生する。春に発生し、茎が立つ。茎はかなり丈夫で、途中でたくさんに分枝し、むらがった形をして直立する。白い細毛があり、特に若い枝に多い。高さ10~50㎝。葉は3枚の小葉からなる複葉で、ややまばらに茎につく。小葉は長い倒卵形で先は丸いか多少くぼむ。
葉の中央の脈と斜めに平行に走る支脈とがはっきりしていて、裏面の中央脈上には短い毛がある。夏~秋に、葉腋に淡紅色の小さな花が1~2個咲き、卵形の果実ができる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.