シロザ(シロアカザ、ハンポコ)

1年草。生育期間4~10月。種子で繁殖。あき地、あれ地、庭、芝生などいたるところにごく普通に生育し、代表的な夏雑草の一つである。特にチッソ質肥料の多い場所によく生育する。春に発生し、茎は直立して高さ60~150㎝にも達する。茎は太く丈夫で堅い。葉は互生し、三角状卵形で先がとがり、縁に不ぞろいの鋸歯がある。
葉の裏面や芽には白い粉がたくさんついている。夏に枝先に穂状に目立たない花が咲く。アカザはシロザの一変種で芽や新しい葉に紅紫色の粉がついていて美しい。個体数は少ない。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.