スベリヒユ(イハイズル、ヒヨー、コオロギグサ、ホトケメシ、ホトケノミミ、ヒデリグサ、ヒデリコ、ヌメリヒユ、ツルツル、ヨッパライ)

1年草。生育期間3~10月。種子で繁殖。夏の畑地雑草の代表的なもので、畑地、樹園地、公園、庭などいたるところにはえる。赤味を帯びた茎が地面に四方に広がり大きな株となるが、比較的容易に引き抜ける。春~夏に発生し、茎は赤紫色で無毛、多肉質で柔らかい。盛んに分枝して地面に広がり長さ15~30㎝になる。葉は対生しへら状倒卵形で先は丸く無毛、多肉質で柔らかい。
夏~秋に枝の先に葉が集まり、その間に3~5個の黄色の小さな花が咲く。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.