イタドリ(イタンコ、イタズリ、スッポン、イタンポ、イタズイコ)

多年草。成長期間3~10月。主に地下茎で繁殖。道端、あき地、土手などに普通に生育する。大形の雑草でしばしば群生する。太い地下茎が四方に伸びていてその地下茎の随所から春発生してくる。茎は太くて中空、直立して高さ1~1.5mになる。葉は互生で大きな広卵形、基部は横に切ったような形になり両すみは角ばる。
夏に葉腋から多くの枝を出し、白色の花が多数咲いて全体が穂状となる。春先の若い柔らかい茎は山菜として利用される。似た草にオオイタドリがあるがこれは全体が大形で高さ2~4.5mに達し寒地に多い。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.