エゾノギシギシ(ノミノフネ、マッコノスカッパ)

多年草。成長期間11~10月。種子と地下茎で繁殖。ヨーロッパ原産の帰化植物でエゾという名称のとおりかつては北海道に多かったが最近は暖地まで広がっている。道端やあき地、牧野、川原などに多く生育する。主に秋に発生し根出葉で越冬する。根出葉は長楕円形で長さ10~25㎝、幅4~10㎝と大きく、中央脈が赤味を帯びているのが特徴である。
(ギシギシは赤味を帯びない)。7~8月茎が立ち高さ50~120㎝に達し、茎の節々に細い柄をもった花が多数咲き、全体が大きな円すい状の花穂となる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.