ヒメスイバ

多年草。成長期間2~11月。種子と地下茎で繁殖。ヨーロッパ原産の帰化植物で荒れ地、道ばたなどに生育するが特に牧野、草地には多く生育する。春早くから発生し茎が立ち高さ20~50㎝になる。葉は根ぎわから多数出る。根出葉は葉柄が長くその先にほこ形で幅が狭く先が丸い特徴のある葉をつける。葉柄は赤かっ色を帯びる。踏みつけにも強い草で道ばたにもよく生育する。
春~夏にかけて、茎から細い枝を出し穂状に赤味を帯びた花が多数咲く。スイバとは葉の形が異なるので区別しやすい。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.