ヨメナ(キクナ、セッケンクサ、ナツギク)

多年草。成長期間3~10月。おもに地下茎で繁殖。あき地、道ばた、田のあぜなど多少湿り気のあるところによく生育する。春早く地下茎から発生する。この若葉を摘んで食用にすることもある。幼苗の茎は赤味が強く、葉はあらい鋸歯が目立ち、ざらつかない。やがて茎が立ち直立する。茎は緑色にやや紫色を帯び高さ50~100㎝。
葉は互生し下部の葉は大きく、3本の脈が目立つ。上部の葉は次第に小さくなる。夏~秋にかけ、茎の上部が枝分かれしてその先に紫色のきれいな花が咲く。頭状花の径は2.5㎝位ありよく目立つ。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.