ホウコグサ
(ハハコグサ、オギョウ、キバナグサ、シリツマリグサ、トノサマヨモギ、カラスノオキュウ、チチクサ)

越年草。生育期間10~6月。種子で繁殖。春の七草の一つオギョウで春早くから黄色の花が咲く。道ばた、庭、芝生などいたるところに生育する。秋に発生し、根出葉で越冬する。幼苗は葉全体が柔らかい白い綿毛でおおわれていて白っぽく見える。春早くから成長し、分枝して株になり、茎が立つ。高さ15~40㎝。茎も柔らかい白毛におおわれている。
春早くから花が咲く。茎の先が数本に分枝してその先に黄色の小さな頭状花を多数つけるが、これが一つの花のように見える。果実には冠毛があり風で飛散する。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.