ヒメムカシヨモギ
(ノギク、テツドウグサ、タカセンボウ、ホウネングサ、ホウキグサ、メイジソウ)

越年草。生育期間11~10月。種子で繁殖。北アメリカ原産の帰化植物で道ばた、あき地などに生育し群落をつくる。鉄道沿線に多く、また鉄道とともに広まったのでテツドウグサ、明治時代に入ったのでメイジソウなどの名がある。秋に発生し、根出葉で冬を越す。春に茎が立ち高さ1~1.5m、茎にはあらい毛が密生する。茎の葉は線形であらい毛があり、まばらに鋸歯があり、密に互生する。
夏~秋に茎の上部に細い枝がたくさん出て、全体が円錐状の大きな花序(穂)をつくり、細い枝の先に白色の小さな頭状花を多数つける。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.