オナモミ

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。道ばたやあき地、荒れ地などに生育する。春に発生し、茎がたくさんに分枝して直立し高さ50~100㎝になる。茎は太く短い毛がある。葉は互生し、長い葉柄があって先に大きな心臓形の葉をつける。葉の縁には不規則の鋸歯がある。葉の表裏ともに白色の毛が密生しざらつく。
夏に雄の頭状花は枝の先に円すい状に集まり、雌の頭状花は葉腋に咲く。秋に果実ができるが、果実にはかぎ状のとげと短い剛毛が密生するので衣服などによくつく。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.