チガヤ
(チ、フシゲチガヤ、マクサ、ツバナ、マカヤ、ミノカヤ、キャコ、オバンコ、ミノガヤ、アマカヤ、カヤ、オバナ)

多年草。成長期間4~11月。地下茎で繁殖。道端、原野、あき地、土手などいたる所に生育する。地下茎を四方八方に伸ばして繁殖するので大群落をつくる。5~6月頃葉が繁殖する前に穂を出す。穂は尾状で長さ10~20㎝。包えいにはつやのある白色の絹毛があり綿のように見える。中に茶褐色のやくが目立つ。
開花後に成長をはじめ、地下茎を伸ばしところどころから芽を出す。葉は長い線形で緑色~緑褐色。質は堅く下部はせばまっては柄のようになっている。葉鞘には普通毛があり、基部は褐色で古いものは繊維状になる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.