スズメノカタビラ(ハナビグサ、ホコリグサ、ハグサ、カブログサ)

越年草。生育期間10~7月。種子で繁殖。スズメノテッポウとともに春の代表的な強害草の一つで、道瑞、庭、芝生などいたる所に生育する。また、踏みつけにも強いので人がよく歩く場所、例えば庭や公園、農道などにも生える。一般的には秋に発生し越冬して春早くから成長するが、春に発生してくるものもある。
分けつして株になり高さ10~30㎝。茎は扁平、葉は線形で茎・葉ともに無毛。春早くから茎の先に卵形の花序を出し、幾本もの穂軸が左右に開き、その穂軸に小さな淡緑色の小穂がたくさんつく。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.