ミチヤナギ

1年草。生育期間4~10月。種子で繁殖。畑地、庭、道ばた、あき地などに普通に生育し、ときに群生する。踏みつけにも強いので人のよく歩く所にも生育している。春に発生し、茎がすぐに立ってくる。茎は根もとで多数に分枝し下部は横にはい上部は直立する。高さ30~40㎝。堅く丈夫で白色を帯びた緑色。細い縦のすじがある。葉は互生し線状の長楕円形、葉柄は短く、基部のたく葉は膜質の鞘状になって茎をとり巻く。たく葉には毛がある。
このたく葉を葉鞘といいタデ科の特徴である。春~夏に葉腋に白緑色の小さな花を数個ずつ咲かせる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.