イシミカワ

1年草生育期間3~11月。種子で繁殖。荒れ地、あき地、道ばた、畑地、樹園地の周辺などに多く生育する。つるになって伸び、茎や葉柄にとげがありさわると痛いので、はびこるとやっかいな雑草である。春に発生する。茎は長さ1~2mになり他物にからみついたりして伸びる。鋭い下向きのとげがたくさんついている。葉は互生し、形はほぼ三角形。長い葉柄があり逆向きのとげがあり、基部には円形で大きなたく葉があって、茎が中央を貫くような形になっている。
これが本種の特徴。夏に花が咲き、花後球形で美しい青色の果実をたくさんつける(写真左)。この果実が独特なのでよく目立つ。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.