イヌタデ

1年草。生育期間4~11月。種子で繁殖。畑地、道ばた、庭などいたるところに生育する。茎は下部でよく分枝して大きな株になる。葉は互生し広披針形で先がとがる。夏に紅紫色の花が集まった穂状の花穂をつける。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.