ヒナタイノコズチ

多年草。生育期間3~10月。種子と地下茎で繁殖。山野、荒れ地、道ばたなどに多く生育するが、樹園地などにも入り込む。春に地下茎や種子から発生する。茎は株もとから多数そう生して直立する。高さ60~100㎝。4稜があり節はふくれて太い。節々から枝が分かれて大きな株になる。葉は対生し、葉柄がある。幅の広い楕円形で先は次第にとがる。夏に葉腋に長い枝を伸ばし、緑色の小さな花が集まった穂がつく。花は上に向いて咲くが終わると下に向く。果実は短い円柱状でかぎがあるのでよく衣服につく。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.