ケアリタソウ

1年草。生育期間4~11月。種子で繁殖。アメリカ大陸原産の帰化植物で、暖地の都会地周辺のあき地や道ばた、荒れ地、ときには畑地にも生育する大形の雑草である。全体に強い香がある。春に発生し、はじめは長楕円形で鋸歯のある葉を数枚出しやがて茎が立つ。茎は直立するか、斜めに伸び、多数に分枝して大きな株になる。高さは50~100㎝。葉は互生し葉柄がある。茎の葉も細長い楕円形で縁には不ぞろいな鋸歯があり、先は鋭くとがる。
茎・葉ともに立った白い毛がある。質は比較的柔らかい。夏に枝先や葉腋に細い穂を出し小さな花がかたまって咲く。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.