ザクロソウ

1年草。生育期間4~10月。種子で繁殖。畑地、樹園地、あき地、公園などに普通に生育する。春~夏にかけてだらだらと発生してくる。はじめはやや厚みがあり、光沢のある葉を4~5枚出し、やがて茎が出る。茎は根もとで多数に分枝して、地面を四方にはったり、斜めに立ったりする。茎は細くやや褐色を帯び、縦に稜がある。高さ8~20㎝。葉は倒披針形で先がとがり、茎の下部では3~5枚が輪生する。上部の葉は次第に小さくなり対生。
葉がざくろの葉に似ているのでこの名がある。夏~秋に茎の先が細かく分枝して、その先に白っぽい小さな花がたくさん咲く。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.