エゾノキツネアザミ

多年草。成長期間5~8月。やや寒い地方の道ばた、荒れ地、畑地などに生育し、北海道では畑地の害草である。雌雄異株で種子、地下茎で繁殖。株になり茎が多数直立して高さ50~100㎝。葉は互生し縁に鋸歯ととげがあり、両面に毛がある。葉は羽状に切れ込まない。7~8月に枝先に管状花の集まった紅紫色の頭状花が多数つく。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.