オオアワダチソウ

多年草。成長期間4~9月。種子と地下茎で繁殖。北アメリカ原産の帰化植物で、道ばた、あき地、土手などに生育する。茎は直立し、分枝しない。茎には毛がなく滑らか。草丈はセイタカアワダチソウより低く1~1.5m。葉は互生し、細長い楕円形または倒披針形で基部は狭くなり短い葉柄がある。表裏ともに毛がない。夏に枝の先にセイタカアワダチソウのような円錐状の大きな花穂をつけ黄色の花が多数咲く。セイタカアワダチソウとの区別点は、セイタカアワダチソウは茎の高さ1.5~3mと高く、茎、葉ともに堅い毛があってざらつく。
花は秋に咲く。オオアワダチソウは茎の高さ1~1.5mと低く茎、葉ともに毛がない。花は前者より早く咲き夏の頃に咲く。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.