スズメノテッポウ

越年草。生育期間10~6月。種子で繁殖。畑地、水田裏作、桑園などの春の代表的な雑草の一つで、発生量も多く強害草である。また、耕起前の水田では一面に密生し、大きな群落をつくるが耕起後の水田にはえることは少ない。秋に発生して幼苗(写真左)で冬を越す。春に急激に成長して茎が立つ。茎は中空の円柱形でやわらかく、節はやや高い。高さ20~40㎝。葉は線形で葉掌が茎を包む。
茎、葉ともに無毛。春早くから茎の先に円柱状の細長い穂を出す(写真右)。スズメノテッポウ、スズメノマクラと言う名は、花穂の形をスズメが使用する鉄砲や枕になぞらえてつけられたものである。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.