ギョウギシバ

多年草。成長期間4~11月。ほふく茎で繁殖。日当りのよい道ばたや野原、芝生、海浜などに群生するが、畑地にもよく入り込む。地面にはほふく茎を四方に伸ばして節々から茎とひげを出して増殖する。茎は扁平で滑らか、質は堅く丈夫である。葉は線形で互生し無毛。葉鞘は茎を包む。全体がシバよりも大形である。夏に茎の先に穂をつける枝が直立しその先に穂をつける。穂は掌状に2~7個の穂軸を出し、穂軸の片側に広卵形の小穂を2列につける。ギョウギシバは行儀芝の意味で、一説によると葉が行儀よく茎に互生するからといわれる。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.