ジュズダマ

多年草。成長期間5~10月。種子で繁殖。水辺や河原、あき地などに多く生育する。分けつして大きな株になる。茎は直立し高さ1~1.5mにもなる。茎は滑らかですべすべしている。葉は長披針形で幅が広く、基部は耳形で葉鞘が茎を包む。質は堅い。全体の形が、トウモロコシやキビに似ている。夏~秋に茎の先に散房状の穂を出す。雌性の小穂は葉鞘の変化した堅い包につつまれ雄性の花穂は包をつらぬいて上に出る。これがこのまま果実となるので果実は堅い球形になる。この実が仏事のジュズの玉のようなので、ジュズダマの名があり、また、実をハトが食べるのでハトムギの別名もある。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.